写真家 パウル・グロス

Foto:Paul Gross
Foto:Paul Gross

 

 

南ドイツ・ラウデンバッハ生まれ、ドイツ国内、ヨーロッパ、ネパールを放浪した末にベルリンで写真家として生きると決め、実験的な写真を試みている、口数が少なく理性的な彼は人間の真実を抉ろうとする作家としての強い姿勢が感じられる。

左写真はベルリンの寒空の中、橋の上で夜通しシャッターを押し続けた作品

 

経歴   写真観   作品

 

 

パウル・グロス個展 ” 匿名”
パウル・グロス個展 ” 匿名”

 

戻る